弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

遺言書作成と遺言書の有効期限

遺言書作成をする場合の注意点はさまざまあります。作成した日付の明記や署名捺印、財産の事細かな詳細や相続させる相手の姓名などを必要とします。そのため、生きている内に作成をした遺言書の内容に変更が出た場合には、書き換えが必要になります。

しかし、遺言書には、いくら年月が経過したとしても有効期限は存在しません。ですから、遺言書作成をしてから亡くなるまでの間、作成の直しをする必要がない場合もあります。ただ、亡くなった後に家族が遺言書を開けたら、明記された遺産と実際がちがっていてトラブルになるということも起こりうるため、ある程度の期間で見直しする必要はあるでしょう。

残された家族を思い遺言書作成を行おう

自分自身や家族が大病を患ったり、孫が生まれてくるなどのタイミングで、死後について考え始める人も多いでしょう。終活と呼ばれる葬儀方法や死後の事柄を記して残すエンディングノートを書く人も増えています。

財産がある場合は、死ぬ前に遺言書作成をしておくと、財産の確認や分配をスムーズに行え、遺族への負担軽減もできます。遺言書作成で注意しなければならないこととして、記述方法を間違ってしまうと無効になり遺言書の意味がなくなってしまうことです。パソコンで遺言書を作成したり、動画で財産の分配方法を残すなどの間違った方法を取選択してしまうと遺言が無効となり、自分の意志が反映されません。

幅広い知識を持つ弁護士に依頼して正しい遺言書作成を

遺言書作成には法的知識が欠かせません。誤った知識による遺言書は内容を無効とされてしまい、相続人同士の話し合いによる遺産相続が行われることになります。また、自身の財産の価値をきちんと把握せず、適当な分配を行うと、相続税の問題から平等な遺産分配が行われない可能性があります。

後のトラブルを招かないためにも、幅広い法律知識と、各種専門家とのパイプを持つ、弁護士事務所へ依頼をすると良いでしょう。法的知識に基づく遺言書作成の他にも、遺産相続に必要な財産情報の整理や、ご自身の死後の遺言執行まで、手厚いバックアップを受けることが出来ます。

法律事務所に遺言書作成を依頼して安心の遺産相続を

ご自分の財産を確実に家族へ分配したい場合は、法律事務所へ相談すると良いでしょう。素人が内容を誤りがちな遺言書作成を全面的にバックアップし、法的知識による適切なサポートで、正しい遺言書作成へと導いてくれます。

また、せっかく正しい遺言書を作成しても、確実に相続人へと渡せなければ意味がありません。遺族が遺言書を見つけられなかった場合、相続人同士が遺産分割協議を行い、自分たちで遺産の分配を決めることになります。法律事務所に遺言執行者を依頼すれば、遺言書の管理、および遺言どおりの相続を取り仕切ってもらうことが可能です。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成関連