弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 遺言書作成 > 遺言書作成の専門家にアドバイスを受ける

遺言書作成の専門家にアドバイスを受ける

交通事故や病気などでいつ亡くなってしまうかわかりませんので、生前に遺言書を書いておくことで遺族たちが相続トラブルを起こさないよう未然に防ぐことができます。しかし、遺言書を書いた経験がある人などほとんどいないので専門家にアドバイスをもらって書くようにしましょう。

弁護士や行政書士などさまざまな専門家がいますが、一番大事なことに作成した遺言書を法的に認めてもらうことです。せっかく遺言書を書いたのに不備があったりしたら無効になってしまうので、決められたとおりに記入し、不備のない遺言書作成を行いましょう。

遺言書作成を安く済ませるなら自分で

遺言書作成をできるだけ費用を抑えて作成したいという場合には、自分で作成するのが一番安上がりです。自分で作成する遺言書を自筆遺言書と言います。自筆遺言書のいい所はいつでも自分が内容を思い立った時に作成することができるという所です。

お金もかかりませんし、誰かに依頼する必要もありませんし、そのために外に出ていく必要もありませのですが問題点として挙げるのであればなにか一つでも条件を満たしていない場合には無効になってしまうことがあるという点でしょうか。折角作成したのに自分が亡くなってからそれが無効になってしまっては悲しすぎますね。

遺留分を考えての遺言書作成

終活という言葉がクローズアップされるようになり、遺言書についても興味があるような人が増えているようです。これまでには資産を所有する人だけが、遺言書の作成をおこなうようなイメージでありましたが、さまざまな生き方がされている現代においては、それだけではなくなってくるようです。

遺言書の作成にあたっては、遺留分や割合などの計算などがありますので、間違いのないように注意深くおこなっていく必要があるでしょう。間違えてしまいますと、遺言書が生かされなくなってしまいますので、作成したあとに専門家や法律家にチェックしてもらうと良いかも知れません。

遺言書作成の際には注意したい遺留分

遺言書を作成するにあたって、さまざまなことが懸念されています。遺言書の内容や遺留分などに間違いがあるような場合においては、せっかく作成した遺言も無効になってしまいますので、作成するにあたってはしっかりとルールを守り作成することが重要になってきます。

遺言書の作成をする際に戸惑っているようであれば、遺言書作成のサポートをおこなっている法律事務所や、専門の機関などに相談をおこなうようにしましょう。そうすることでより具体的なアドバイスをもらうことができますので、より良い遺言書作成をすることができるでしょう。

遺言書作成時のベストな方法

遺言書作成する際は公正証書遺言がベストとされています。公証人に遺言書を作成してもらい。原本を公証役場で保管するのが公正証書遺言です。公証人が遺言書を作成するので、とても細かくルールが定められている遺言書でも確実に有効な遺言書を作成することができます。

公証人と一緒に作成することで、確実に伝えたいことを伝えることができます。公正証書遺言は残された家族が家庭裁判所などに行き検認する必要がないので、登記手続きなどがとてもスムーズに済ませることができます。役場で原本が保管されているので、勝手に書き換えられたり、破棄される心配もありません。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成関連

MENU

弁護士With TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金