弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 遺言書作成 > 計画的に遺言書作成を実施

  1. 計画的に遺言書作成を実施
  2. 遺言書作成は法律を守りながら書きましょう
  3. 遺言書作成する際の方式について
  4. 若い時におこなう遺言書作成
  5. 弁護士を活用した遺言書作成のメリット

計画的に遺言書作成を実施

計画を作っておけば、遺言書作成も行いやすくなります。最初のうちは、特に考えていないかもしれませんが、結果的に作成するまでには多くの時間が必要となります。しっかりと対応できるようにしていれば、遺言書作成によって良いものが作られますので、大きな遺言書もしっかり完成させられるでしょう。

準備を進めることが何よりも重要になっていて、遺言書のためには計画を作っておきましょう。弁護士と一緒に考えていくと、意外と計画を作りやすくなってきますから、多くの情報を得た上で交渉を進めていきつつ、自分が作りたいと思っているものもしっかり完成できます。

遺言書作成は法律を守りながら書きましょう

遺言書は、最後に亡くなった方が残す事ができるメッセージとなります。自分の財産を誰に分与するかなどを決める事ができます。遺言書作成をしないと、家族が遺産分割でトラブルになってしまい、仲のよかった家族がバラバラになってしまうことも多々あります。

遺言書は必ず作成するようにしてください。遺言書作成する時に気を付けないといけないのが、法律で定められたルールがいくつかあります。簡単なルールばかりなのですが、守られていないと遺言書の存在自体が無かったことになってしまうので注意してください。遺言書を書いたら弁護士にチェックをしてもらい、ルールが守られているか確認するようにしてください。

弁護士関連

遺言書作成する際の方式について

遺言書の存在などについて知っている人は多いかと思いますが、実際に遺言書を作成しようと思わない限りは、詳しい内容を知っている人は少ないことでしょう。遺言書作成をする場合の方式については3種類あり、遺言者が一から自筆で記載する自筆証書遺言や、公証役場で証人が作成する公正証書遺言などがあります。

ほかにも全て秘密で遺言書の作成をおこなう秘密証書遺言の方式があります。自分の環境や条件に合わせて遺言書の作成方式を決めることができますので、メリットやデメリットを認識し、しっかりと検討した上で決めていくといいでしょう。

若い時におこなう遺言書作成

終活という言葉が一般化されるようになっていて、遺言書を作成することが以前よりも一般化されるようになってきました。なかには若い世代にも関わらず、遺言書を作成するような人もいるようです。

遺言書作成をおこなう事はあとに残された人たちのトラブルを回避できる方法でもありますので、作成しておくことで円満にできるケースは大きいでしょう。遺言書はライフイベントやライフステージの移り変わりに応じて、作成し直すことができますので、その時の状況に応じることができます。また、作成にあたっては失敗のないように法律家や専門家に作成内容を見てもらいたいですね。

弁護士を活用した遺言書作成のメリット

いろいろなルールが存在する遺言書には、ルールが守られていないと遺言書の存在が無かった事になってしまいます。無効になってしまうと、残された遺族が遺産相続をすることになり、相続トラブルに発展するケースもとても多いです。

相続トラブルに発展させない為にも遺言書作成をしたら、弁護士に遺言書をチェックしてもらい、法律で定められているルールが守られているかチェックしてもらいましょう。弁護士を活用することで、有効な遺言書を残すことができるので、残された家族が相続トラブルに巻き込まれることなく、遺産相続を済ませることができます。

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金