弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 弁護士 大阪 > 弁護士による訴訟の注意点

弁護士による訴訟の注意点

法律の力を借りて物事を解決したいという時には、弁護士に依頼して、その後に交渉や訴訟などを通して解決する事が多いでしょう。

しかし、相談する時には証拠がない主張というのはどうしても弱くなりがちです。自分の主張が正しいという事を証明したいというのであれば、事前に探偵事務所や興信所を活用して訴訟の際に提示する証拠を収集する人もいます。

全く証拠がない状況で真実だという事を訴えても信憑性が低い場合には、相手側の主張が通ってしまう事もあります。

ですので、弁護士に相談するのであれば、それまでに証拠になりそうな物は、処分してしまうのではなく、しっかりとキープしておく様にするといいでしょう。

裁判員制度を弁護士から学ぶ

例えば、司法書士や弁護士など法律関係の仕事をしている人であれば、普段自分が扱っている分野ですので非常に詳しいと思われます。

しかし、それ以外の人は日常的に特に法律に関する事は分からないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、裁判員制度は一般の人の中から選ばれるために、関心を抱いている人もいる様です。この制度について詳しい弁護士が、一般の人に向けて講師として、裁判員制度に関する説明をしてくれるセミナーなどもあるそうです。

法律は難しいと思っていても、これは興味深いですね。知っておくと役立つ事があるかもしれませんね。この様な機会をきっかけに更に法律についても学ぶ事もできるでしょう。

相性が大切な弁護士選びは県庁や市役所でも可能

双方の主張に折り合いが付かない場合は訴訟を起こすことになります。まずは、簡易裁判でお互いの主張や証拠を提示し、裁判官が仲裁をしてくれる制度があります。費用は申し込みの書類代金のみです。

ここでまとまらない場合、地方裁判所へ移ります。ここでは司法書士の発言が認められず、弁護士以上の資格が必要です。個人の力で裁判に参加することも可能ですが、相手が弁護士をたてた場合、こちらも法律事務所を利用しないと、まず勝目は無いといっていいでしょう。案件によって前後しますが、前金として約20万円、成功報酬として約40万円は必要となります。もし相手から受け取れる慰謝料がそれを下回るのであれば、示談がベストでしょう。

求められているITに強い弁護士

法律事務所に勤める弁護士もいれば、個人で弁護士事務所を開いている人もいます。どちらの仕事も基本的には、被告人となる人の主張や弁明を、被告人の代わりに説明をする役割になります。

被告人の弁護をするといっても、事件には軽微なものから重大な長期にまたぐ事件など、様々なケースがあります。事例を大別すると、民事事件と刑事事件の2つの区分に分かれます。民事事件は生活している上で起こる問題点について、刑事事件は犯罪などの事件の被告人を弁護する役目をもっています。幅広い範囲の知識や法律についての理解が求められる、非常に難しい仕事です。

日常のトラブルを弁護士、法律事務所が解決してくれます

法律事務所では、ありとあらゆる相談を受けています。日常生活で生じてしまった様々なトラブルを、法に基づいて公平に解決してくれます。まずは、インターネット等で調べ、自分に合った事務所に電話やメールで連絡を取りましょう。その後、直接相談を行い、依頼を受けてくれれば、契約が成立します。

ただ、相談内容によっては、依頼が断られることもあります。契約が成立すれば、弁護士が代行して問題解決にあたってくれます。相談前に、自分の依頼内容に合った弁護士かと料金について、事前に良く調べておくことがとても重要になります。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

弁護士、法律事務所関連

MENU

弁護士With TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金