弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 交通事故 > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料と示談金

交通事故慰謝料と示談金

弁護士などに対して、交通事故の相談をする時にいろいろ難しい言葉が使われる事もあるかと思います。多いのが慰謝料と示談金で混乱してしまうケースです。

確かに、これらは交通事故が起きた時に加害者側から被害者側に対して支払われるものです。相談するまでにあまり時間がない事もありますが、弁護士のサイト内でも紹介されている事もありますので、目を通しておくといいでしょう。

交通事故の慰謝料と示談金は根本的に異なる物であり、慰謝料は精神的な苦痛に対し支払われます。

そして、示談金は当事者同士が金額を決定して支払うものです。少しややこしいかもしれませんが、相談するなら違いを把握しておきましょう。

交通事故慰謝料の請求は弁護士に任せよう

予期せぬ交通事故の被害者になってしまった場合、様々な物を加害者に対して請求することができます。破損してしまった自動車の修理代金、けがをしてしまった場合の治療費や入院費、通院費、交通事故慰謝料を請求することができます。

弁護士等の専門家に依頼して請求した方が良い結果を得られる事例も多いです。まずは、インターネット等で調べ、電話やメールでコンタクトを取ることから始まります。自分の状況に合った弁護士を見つけたら、相談をしてみましょう。

交通事故弁護士を選ぶ基準としては、知識や実績が豊富なところはもちろん、誠実に対応してくれるかどうかもポイントになります。

交通事故関連

知らないと損をする交通事故慰謝料の仕組み

交通事故の被害者になってしまった場合、早い段階で示談交渉が始まります。

交通事故慰謝料は自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準がありますが、どの基準で計算されたかによって金額が違います。その中でも一番金額が大きいのが弁護士基準です。これまでの判例に基づいているので、同じケースの交通事故と同等の慰謝料を請求できることが多いです。

基準によって数十万円の差額が出ることもあるので、どの基準で慰謝料が計算されているのかを確認することで、損をせずに済みます。交通事故時の示談交渉の際には、まず弁護士に相談するのが良いでしょう。

実は基準がある交通事故慰謝料

不慮の交通事故などの場合において、解決する方法に交通事故慰謝料があります。この交通事故の慰謝料に関しては、実は複数の基準が定められています。保険の基準となる自賠責保険や任意保険での基準、裁判の過去の事例から決められた弁護士基準などがあります。

受け取れる慰謝料の金額についても大きく左右し、倍以上の差が出てしまうような可能性もあります。交通事故の知識に関しては、専門的な知識が必要になりますので、交渉の際には弁護士に依頼するか、専門機関に相談をおこなうかするのが良いでしょう。少しでも多くの慰謝料が、受け取れると良いですね。

交通事故の解決ができる交通事故慰謝料

日常生活の中には解決がむずかしいような、トラブルに見舞われてしまうようなケースがあります。そうした際にお金で解決をするのが慰謝料であり、交通事故のような場合においても利用されています。

交通事故に関しては、加害者側が被害者側に交通事故慰謝料を支払う流れになります。事例によっても金額は変わり、一般の人には相場がわかりづらいことがあげられます。そうしたことから、そのような交通事故の相談にさまざまな専門家や法律家が相談にのってくださいます。相場や事例を詳しく知ることで、交渉を自分たちに有利に持っていくこともできるかも知れません。

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金