弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 交通事故 > 交通事故慰謝料

  1. 交通事故が起きたときの慰謝料相談
  2. 交通事故慰謝料の怖さ
  3. 専門家を通じて交通事故慰謝料の請求をしよう
  4. 交通事故慰謝料の支払いについて
  5. 交通事故慰謝料のさまざまな種類

交通事故が起きたときの慰謝料相談

自分のふとした不注意で交通事故が起きる事も考えられます。交通事故慰謝料の相談を弁護士にする時には、きちんと事実関係は正確に話をする様にしたいですね。

しかし、不当だと思われる様な慰謝料を払わされる様な事があれば、きちんと弁護士に相談して、客観的に妥当だと思える様な金額になる様に交渉したいですね。交通事故では当事者以外は実際に現場の詳しい事は分からない事があります。

思い出すと辛く話すのも辛いと感じられる事もあるかもしれませんが、解決するためにも伝えるべき事はしっかりと伝える様にしましょう。

口頭で状況をすべて正しく説明するというのは、時には難しく感じる事もあるかもしれませんね。メモを活用するなどするといいでしょう。

交通事故慰謝料の怖さ

交通事故を起こしてしまうと、対物、対人にかかわらず慰謝料を請求されることがほとんどです。事故を起こしたことで心的衝撃を受けることになりますが、それだけでなく慰謝料によって経済的にも衝撃を受けることになります。特に保険未加入の場合、その金額は払うことが難しい額となって生活も危うくなると推測されます。

最近、自動車による事故だけでなく、自転車による事故においても高額な交通事故慰謝料が請求される事例もあります。そのため、運転免許を持ち自動車を運転するひとたちだけではなく、自転車を運転する子どもから高齢者まで保険に加入することが必要となるでしょう。

交通事故関連

専門家を通じて交通事故慰謝料の請求をしよう

突然交通事故に遭ってしまうと、気が動転して何も考えられなくなってしまう方もいるでしょう。怪我の治療や事後処理など、心身共にダメージを負っているうえ、金銭面の負担もかかります。交通事故で被害を被った場合、加害者に対して交通事故慰謝料の請求をすることができます。

具体的には、破損してしまった自動車の修理費、通院及び入院費用などです。さまざまな事例に対応してきた弁護士などの専門家を通じて請求した方が、手間も時間も大幅に削減できるでしょう。

交通事故弁護士に依頼するときは、実績だけでなく、話しやすさや説明の丁寧さも重視しましょう。

交通事故慰謝料の支払いについて

交通事故を起こしてしまい、人身事故だった場合は慰謝料を支払う必要があります。その際にいくらぐらい支払う必要があるのかを判断する指標として、交通事故慰謝料の弁護士基準というものがあります。

この弁護士基準には等級が存在し、事故による後遺症が残った場合など、その状況に応じて支払う金額が変わってきます。相手方との示談も重要になってきます。

もし自分が人身事故にあってしまった場合、示談を依頼される事になりますが、その金額が妥当な額なのかどうかを判断するためにも、一度専門の弁護士に相談することが望ましいでしょう。

交通事故慰謝料のさまざまな種類

自分がいくら気を付けていても、相手の不注意により交通事故に遭ってしまうこともあります。不幸にも交通事故に遭ってしまったとき、自分に過失がなければ相手に交通事故慰謝料を請求できるわけですが、慰謝料と一言でいっても、さまざまな種類があるということをご存知でしょうか。

事例としては、ケガをしていれば当然その治療費および入院や通院にかかる経費の実費を請求できます。次に、仕事を持っている人であれば、ケガの治療の間は仕事を休まなければなりませんので、その補償を請求できます。これらにさらに謝罪の意味で支払われるものもあり、これら全てを総括して交通事故慰謝料と呼びます。

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金