弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 訴訟肝炎

B型肝炎の訴訟費用と裁判所について

B型肝炎の訴訟費用と裁判所は大きく関わってきます。裁判というものは莫大に時間がかかるものであり、その中で和解になったり、証拠敗訴になったります。そうした中でB型肝炎の訴訟費用と裁判所についてしっかりとした知識を身に着けておくことは必要になります。

B型肝炎の訴訟費用は長引けば長引くほど嵩んでいく計算になります。裁判所にいればいるほど大きな損害になるということですね。そうした損害を埋めるために行われるのが、B型肝炎訴訟の短縮化です。

裁判長と言えど人です。そうした人がスムーズに事を進められる必要があります。

B型肝炎における給付金について

現在、B型肝炎に感染している患者数は140万人近くいると言われています。そのうち、昭和頃に国の政策で行われた集団予防接種等を受けたときに、医師が同じ注射器を連続して用いたことが原因となって、B型肝炎ウイルスに感染してしまった方が3割に及ぶと言われています。

現在、この集団予防接種で感染してしまった方と、その方から母子感染でうつってしまった方に対して、状態に応じて給付金を受け取れる制度を行っています。しかし、この給付の対象になるためには、裁判所で対象に値するかどうかを判断するために、国を相手とした国家賠償請求訴訟を提起し、国との間で和解をしなければいけません。

B型肝炎訴訟と給付金関連

B型肝炎と救済制度について

B型肝炎は血液感染によって発症する可能性が高いウイルス性肝炎です。血液感染のため性交渉や輸血などにより感染する可能性があります。性交渉の際は感染予防策として、コンドームの着用が推奨されています。

近年では、感染症のリスクのある血液は輸血できないように細かく調べられていて感染のリスクは少なくなっています。過去の集団感染によって多くの人がB型肝炎に罹患した可能性があります。給付金の認定は、裁判所によって救済するかどうかが決まります。この給付金をもらうためには国家賠償請求訴訟という国を相手にする訴訟を起こして、和解をする必要があります。

B型肝炎と給付金制度について

B型肝炎は血液感染とウイルス性肝炎のことを言います。輸血や性行為などにより感染する可能性があります。近年では、医療の進歩と正しい知識の定着により感染のリスクは少ないです。母子感染と水平感染の2種類があります。母子感染は母親から胎児へ感染することを言います。

B型肝炎に過去に感染した方や何らかの原因で感染した方は国からの救済制度により給付金を受け取ることができる可能性があります。救済制度を受けるためには、国に訴訟を起こし、裁判によって国と直接争い和解することで初めて、救済制度を受けることができます。

B型肝炎の被害者への給付金について

昭和の特定期間において7歳までの間に集団予防接種を受けている場合、可能性として注射器や注射筒を医師が使い回した影響で、B型肝炎ウイルスにたくさんの方が感染しているのです。しかし、被害に合われた人は国から給付金を支払ってもらう事が出来ます。

対象は、予防接種などが原因で感染してしまった人、感染した親から母子感染してしまった人、B型肝炎が原因でなくなられた方の家族の人です。ただし給付金の支払いをしてもらうには、一度調停者や訴訟を起こしてもらう必要があり、支払い要件と感染内容の証拠が一致するか確認していくことになります。

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金