弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 訴訟肝炎 > B型肝炎訴訟

  1. B型肝炎訴訟の基本の知識
  2. B型肝炎訴訟は何故起こったのか
  3. B型肝炎給付金を受け取るには
  4. B型肝炎訴訟の経緯と現状
  5. B型肝炎の訴訟について

B型肝炎訴訟の基本の知識

B型肝炎訴訟という言葉を、テレビのニュースや新聞、またはCMなどで目にしたり耳にしたことがある人は多いと思います。しかし、内容までよく知らないという方も意外と多いのではないでしょうか。

これは、幼少期に受けた集団予防接種などで、注射器が連続使用されたことにより、B型肝炎ウイルスに持続感染したとされる方々が、国に損害賠償を求めて起こす集団訴訟のことをいいます。

注射器の連続使用によってB型肝炎ウイルスに持続感染した方の正確な数は未だ掴めていませんが、国内における全感染者(約110から140万人)のうち、40万人以上いると考えられています。

B型肝炎訴訟は何故起こったのか

今では衛生面や感染の原因のため注射器は交換されていますが、かつては注射器が連続的に使いまわしされるのはよくある光景でした。そのため、注射器を通じてB型肝炎が蔓延することになってしまいました。さらに、このB型肝炎ウイルスは母子感染も確認されており、世代をわたり感染するという恐ろしい結果となりました。

昭和23年から集団予防接種が主な原因なのですが、予防に来たのにB型肝炎ウイルスに感染するというのは被害者からすると納得できないものです。そうして、国を相手にB型肝炎訴訟が始まることになったのです。

B型肝炎訴訟と給付金関連

B型肝炎給付金を受け取るには

1980年代までに行われていた幼児期の集団での予防接種では、一人ずつ注射器の交換がされず連続的に使われたことによってB型肝炎ウィルスに感染してしまう事例が多くあり、現在、その対象者にはB型肝炎給付金が支払われる措置がとられています。

B型肝炎給付金を受け取るには、国家賠償請求訴訟を提起することが必要で、一定の証拠を提出し、基本合意書に定める要件を満たしていると国が和解し、和解調書を窓口へ提出することにより、B型肝炎給付金を受け取ることができます。

B型肝炎訴訟は自分でも行うことができますが、弁護士に依頼すれば裁判所に提出する書面作成や裁判所への出頭等を行ってもらえます。

B型肝炎訴訟の経緯と現状

B型訴訟肝炎は幼少期の集団予防接種などで、注射器を連続使用した際にB型肝炎ウィルスに感染されたといわれる方々が、国に損害賠償を求めた集団訴訟のことを指します。昭和23年から63年にかけて行われた予防接種及び、ツベルクリン反応検査を経緯として持続感染された方は、最大40万人いると推定されています。この期間に予防接種などで感染された方を対象に、厚生労働省は給付金を支給しています。

対象者は感染された方はもちろん、母子感染された方も対象に病状に応じて50万から3600万円が支払われます。ただし、国家損害賠償請求訴訟を提起し、国と和解するなどの手順がありますので、まずは専門の弁護士や法律事務所に相談してみてください。

B型肝炎の訴訟について

幼少期に集団予防接種を受ける際、注射器を使い回されたことが原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった人や母子感染した人は40万人以上いるといわれています。この様な人たちが集団で国に対してB型肝炎訴訟を起こしました。

その後裁判上で和解が成立した人に対して、給付金が支払われるようになりました。金額は病状によってかわり、50万円から3600万円が支払われます。給付金を貰う為には、裁判所に国家賠償請求訴訟をして国と和解することが必要です。裁判所で証拠となる資料を確認していき、給付を行う人の認定をする事になります。

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金